メタボ予防にオメガ3を摂るときの注意点

メタボ予防にオメガ3を摂るときの注意点は、なるべく加熱しないようにすることです。亜麻仁油のようにオメガ3を多く含んでいる油を調理する時に加熱をしてしまうと大切な成分であるDHAなどが消失してしまうので、メタボ予防の効果が半減するのが理由です。
また魚やナッツなどの高カロリーな食材に多く含まれているので食べ過ぎると太り過ぎてしまって、内臓脂肪が増えることもあります。
内臓脂肪が増える原因は基本的にはブドウ糖のとり過ぎですが、オメガ3などの脂肪分の摂取が多くなると消費カロリーよりも摂取カロリーが多い状態になるので、メタボを悪化させる可能性があります。
ダイエットのためにはオメガ3を食物繊維を含んでいるナッツから摂取するのが良いとされていて、糖分や脂肪の吸収を緩やかにするので太りにくくなります。
炭水化物を減らして脂肪分を多めに摂取するダイエットなどもアメリカなどで流行していますが、消費カロリーを考えると、炭水化物は1グラムあたり4キロカロリーなのに対して、脂肪は1グラムあたり9キロカロリーなので、体についた脂肪を燃やすためには炭水化物の2倍の運動が必要になります。
オメガ3には血管を健康にしたり、脳の認知機能を向上させるなどのメリットがあるのですが、食べすぎてしまうと普通の食べ物と同じように脂肪としてお腹のまわりなどにたまってしまうので注意が必要です。
上手に摂取する方法としては、サラダなどの食物繊維をたくさん含んでいる食材と一緒に食べたり、バターやマーガリンの代わりにパンに塗って食べる方法などがあります。
パンに塗ることが多いマーガリンには体に悪いとされるトランス脂肪酸が多く含まれているので、オメガ3を多く含んでいる亜麻仁油などをパンに塗って食べるようにするだけでメタボや生活習慣病を防ぐことができます。
またお腹が空いてしまったときにチョコレートやケーキなどを食べてしまう人は、空腹時にナッツを食べるようにするだけでダイエットをすることができます。ナッツはある程度の硬さがあるので何度も噛まなければならないので、脳内の満腹を知らせるホルモンの分泌を促すことが防げるので、食べ過ぎを防ぐことができます。
オメガ3はサプリメントで摂取することができますが、他の不飽和脂肪酸とのバランスが重要なのでたくさん摂りすぎてもあまり良くありません。また摂りすぎてしまうと中性脂肪や内臓脂肪として蓄えられるので適度に摂取することが大切です。

【例文あり】婚活するなら断り方も大切!お相手に気遣いを

タイトルとURLをコピーしました