メタボ予防の効果を高めるにオメガ3の摂り方

メタボ予防のためにオメガ3を摂る場合、摂り方には注意する必要があります。

まず、目安となる量は1日1000mgまでです。
健康効果がありながら含まれている栄養分が少なく、積極的に取ることが難しいので、このくらいが目安の量となります。ナッツ類や青魚から一日にどのくらい取れているかを考えると、かなり少ない量となりますね。
このため、メタボ予防のためにオメガ3を取る場合、何よりも摂取量を意識しましょう。大体の人は不足していますから、意識的に食事を摂ることで補う必要があります。

ただし、オメガ3を取る場合、一緒にカロリーも気にしなくてはなりません。
ナッツ類はカロリーも高いため、適量食べる分には問題ないのです。ただ、比較的カロリーが高いために、たくさん食べると今度はメタボにつながりかねません。
青魚も同様です。適切な調理法で適切な食事として食べれば問題はありませんが、こちらもカロリーが高い調理法だったり、食べ過ぎるとカロリーが高くなり、メタボ予防の効果が下がる傾向があります。健康効果があるとはいえ油の一種なのですから、この点は注意しておきましょう。

次に、不足分はサプリメントで補うということですね。
最近ではオメガ3の健康効果が徐々に知られるようになってきて、サプリメントも多く販売されるようになりました。このため、メタボ対策やメタボ予防、もしくは健康効果を期待してサプリメントを併用する人も多くなってきています。
サプリメントに関しては、1日の大体の摂取量を考えてその残りを補うという考え方が基本です。オメガ3は毎日の摂取量が一定ということは少なくありませんから、それを補うようにした方がいいでしょう。外国産のオメガ3サプリメントは含有量が多いものが多いので細かい調整がしづらいのですが、思い切ってサプリメントだけでオメガ3を摂取するというのも方法になってきます。
量や飲むタイミングとしては、基本的には食後が多いでしょう。また、サプリメントは裏面に摂り方についての説明があります。その説明を読んで、しっかり飲むようにします。

タイミングとしては、食事中に一緒に取るのがいいとされています。
これはオメガ6系や他の栄養素とのバランスを考えながら摂取することで相乗効果が高まり、ますます病気や肥満予防に良くなり、健康効果も高くなるためです。タイミングによってはしっかり栄養を取り、なおかつ健康に良い食事時がおすすめです。

婚活中の体の関係はいつから?女性の上手な断り方を紹介

タイトルとURLをコピーしました