オメガ3は喘息にも効果がある?

喘息という病気は肺や呼吸器の炎症によって起こっている場合があります。空気汚染の可能性や遺伝、その他の要因となっているケースもありますが、多くは日々の栄養管理によって改善することがほとんどです。
体の炎症を抑えるために効果的な栄養素がオメガ3系脂肪酸です。オメガ3系は魚の脂に含まれているDHAやEPAが該当し、炎症を抑える働きがあります。その対をなしているのがお肉などに多く含まれているオメガ6系脂肪酸です。こちらは炎症を起こす働きがあるので、食事のバランスが偏っている方は喘息やアトピー性皮膚炎、動脈硬化やその他の合併症にかかるリスクが高まります。現在の分子栄養学ではオメガ3:オメガ6は1:2がよいといわれていますが、肉食が中心となっている現代ではそのバランスが1:5~1:10程度まで崩れてきています。
このような食事バランスだと喘息等が発症しやすくなりますし、オメガ3の摂取を意識的にしたほうがよいでしょう。食品から摂るのであれば、青背の魚がおすすめです。鯖やいわし、さんまなどはDHAやEPAを多く含んでおり、オメガ3系の摂取には申し分のない食品です。オメガ3系には炎症を抑える作用だけではなく、血液をさらさらにする効果や動脈硬化などの酸化を防ぐ力もあります。生活習慣病に大きな効果のある栄養素なので年齢が気になってきた方にもおすすめできる栄養素です。
また喘息によい食品としてあげられるのが山芋やオクラといったネバネバ系のもの。粘膜のサポートをしてくれるので、器官の炎症を抑えることができますし、細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ役割もあります。
あとは免疫系を高めるためにビタミンをバランスよく摂ることでしょう。マルチビタミンを摂取していれば体の免疫機能は確実に高まります。脂質や炭水化物は過剰摂取すると身体に良くない作用がありますが、ビタミンの中でも水溶性ビタミンに関しては尿として体外へ排出されるので問題ありません。食品から摂取する分には問題ないでしょう。ただし健康補助食品を使って栄養補給する場合は注意が必要です。ビタミンAやビタミンEといった脂溶性ビタミンは身体に蓄積するため取りすぎると身体に影響を及ぼすことがあるのです。単体の栄養素しかとれないサプリメントではなく、マルチビタミンで総合的に摂取できるものを選びましょう。自分にあった補助食品を使って喘息などの諸症状を改善させてくださいね。

【婚活詐欺の実態】悪い奴の手口と特徴をわかりやすく解説します

タイトルとURLをコピーしました