オメガ3で血管ケアをして生活習慣病を防ごう

動脈硬化のリスクを高めてしまう原因は、コレステロールや中性脂肪の血中濃度が上がることです。

コレステロールと中性脂肪は、どちらも血液中に増えすぎると活性酸素によって酸化されて、過酸化脂質に変化します。過酸化脂質は動脈の内壁にこびりついて、血管を狭く、硬くしてしまいます。これによって生じるのが動脈硬化で、血管のしなやかさが失われてしまいます。

DHAなどのオメガ3には、余分な中性脂肪を取り除く働きがあります。さらに、LDLコレステロール(悪玉)を取り除いてHDLコレステロール(善玉)を増やしてくれる作用もあります。
こうして血液の中のバランスが整うことで、動脈硬化を防いでくれます。
また、細胞を柔らかくしてくれる働きもあるため、動脈自体が柔らかくなって、動脈硬化を防ぐことができます。

オメガ3には、血液をサラサラにする効果もあります。その秘密は、赤血球とDHAの関係の間に隠されています。
血液のなかに含まれている赤血球は、健康だと柔らかく変形することができます。なので、自分の大きさよりも細い毛細血管をすり抜けることも容易です。
しかし、DHAが不足すると赤血球が硬くなって赤血球が毛細血管を通ることができなくなるため、細い部分で詰まってしまいます。

しかし、心臓はなんとか全身の隅々に血液を流そうと頑張るため、心臓に負担がかかります。これが高血圧の原因になります。高血圧は単独で起こることもありますが、動脈硬化や糖尿病、脳卒中や心筋梗塞の合併症として生じることもあります。
オメガ3を摂取すると赤血球が本来の柔らかさを取り戻すので、毛細血管の間も通過できるようになり、血液がサラサラの状態になります。オメガ3は高血圧の予防にも効果が期待できますし、動脈硬化や糖尿病、脳卒中や心筋梗塞の合併症として起こる高血圧も防いでくれるということです。

高血圧のになると血管の内壁に負担がかかって、その部分がボロボロになってしまうことがあります。しかし、オメガ3で高血圧を防ぐことができれば、その負担を取り除くことができるので損傷を防ぐことができます。

動脈硬化は様々な生活習慣病のリスクを高めてしまう原因になりますが、オメガ3を摂取して血液が流れやすい状態にしておくことで、病気の発症を防ぐことができます。
成人の推奨摂取量は、250mg?500mg/日で、妊婦と授乳婦はこれに加えてDHAをプラス200mg摂取するのが望ましいとされています。

スキンケア『SOLAOTO』ソラオトの口コミ調査|エイベックスのこだわり化粧品がDa-iCEとコラボ!!

タイトルとURLをコピーしました