オメガ3でなぜメタボが予防できるのか

歳を取ってお腹周りのサイズが気になってきたなら、不要な脂肪が蓄積されている疑いがあります。このまま放置していると、悪玉コレステロール値が上昇して、高血圧症や心臓疾患、脳卒中や糖尿病などの様々な病気になるリスクが高まってしまいます。
その予備軍とされるのがメタボの状態ですが、メタボを予防するオメガ3配合のサプリメントに期待が寄せられています。
オメガ3の予防効果が期待されている理由として、悪玉コレステロールを減少する作用が挙げられます。この成分は魚介類や野菜に含まれているもので、元々は油です。油を摂取すると脂肪に変化して余計に悪化するイメージがありますが、オメガ3の油分は不飽和脂肪酸に該当します。
肉の脂身や乳製品の脂肪分に多いのが、飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸とは異なり、オメガ3の不飽和脂肪酸には中性脂肪を減らす作用があるため、肥満予防に繋がるのが特徴です。
メタボの原因の一つが、中性脂肪の量です。中性脂肪が血管に入り込むことで、悪玉コレステロール値の上昇を助けてしまいます。中性脂肪は飽和脂肪酸や、ご飯やパン、お酒、お菓子などの糖分の食べ過ぎによって蓄積されやすいのが問題です。
不飽和脂肪酸であるオメガ3のサプリメントを適度に取り入れれば、中性脂肪を減らし、同時に悪玉コレステロール値の上昇の予防に繋げることができます。直接的に悪玉コレステロール値を下げるのではなく、元になる中性脂肪に作用するのが、オメガ3の優れた部分です。
オメガ3は中性脂肪を下げるだけでなく、メタボの特徴的な症状である、肥満解消にも役立ちます。飽和脂肪酸と違って血液循環を良くしてくれますので、身体の代謝機能が上昇し、痩せやすい体質になるのがメリットです。食べ過ぎを防いだり、運動を適度に取り入れることで、この機能が活かされやすくなります。
コレステロールは悪玉のことばかりに注目が行きがちですが、オメガ3には善玉コレステロール値を増やす作用もあります。悪玉コレステロールが血管の壁に付着するのを防ぎ、動脈硬化を抑えてくれるのが善玉コレステロールです。
メタボによる様々な病気の発症を防ぐには、善玉コレステロールの働きが欠かせません。オメガ3を摂取すれば、善玉コレステロールの働きを助けることが可能です。
オメガ3を毎日のように食事からたっぷりと摂取するのが理想ですが、食事から摂取が難しい時に、簡単に摂取できるサプリメントが活躍してくれます。

VITRYヴィトライの口コミ・効果|【国内初】ヒト幹細胞×卵殻膜原液の美容液って?

タイトルとURLをコピーしました